【あつ森】ラグ(シート・敷物)のマイデザインやID紹介【あつまれどうぶつの森】

2020年3月20日に発売されたNintendo Switch版「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」には、地面に自分の作ったデザインを貼る事ができるマイデザインの機能があります。

マイデザインは自分で作るだけでなく、他のプレイヤーが公開している、素晴らしいデザインを使用する事ができますので、今回は「ラグ(シート・敷物)のマイデザインと、掲載されているものはIDも一緒にご紹介します。

読み込み方法も記載していますので、やり方がわからない方は参考にして下さい。

ラグ(シート・敷物)のマイデザイン紹介

▼シンプルなチェックのラグ‐あそぶ (@asobunomori)さん

最初にご紹介するのは、「あそぶ (@asobunomori)」さんがTwitterで公開されている、シンプルなチェックのラグのマイデザイン、IDです。他にも、フルーツの看板のマイデザインや、かわいい島の写真をアップされていらっしゃいます。

▼ピンクのギンガムチェックのラグ‐lilly piri  (@lillypiri)さん

海外のマイデザイナー、「lilly piri (@lillypiri)」さんはTwitterで、ピンクのギンガムチェックのラグフリンジのマイデザイン、IDを公開されています。他にも、不思議の国のアリスや、かわいいドレスのマイデザインなどをアップされていらっしゃいます。

▼カフェオレ色のラグ‐うずまりちゃん (@___grnt)さん

うずまりちゃん (@___grnt)」さんはTwitterで、カフェオレ色のラグのマイデザインとIDを公開されています。ナチュラルな色味でとてもかわいいですね。

▼グレーのラグ‐りえこ@コスモス島 (@tobimorieko)さん

りえこ@コスモス島 (@tobimorieko)」さんはTwitterで、グレーのラグのマイデザインとIDを公開されています。モフモフ感も表現されていて素敵なデザインですね!

リプ欄ではブラウンピンクの色違いの写真をアップされていらっしゃいますし、YouTubeのチャンネルではマイデザイン講座やお部屋づくりの動画をアップされていますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

▼アイボリーのラグ‐じんぎす (@zingisu_)さん

じんぎす (@zingisu_) 」さんはTwitterで、汎用性の高いアイボリーのラグのマイデザイン、IDを公開されています。写真にも写っていますが、かわいいだけでなく、いろいろな家具に合う汎用性の高さがすごいですね!他にも、テーブルクロス屋台看板など多くのマイデザインを公開されていらっしゃいます。

▼ケーブルニットのラグ‐ Lotte (@ACNHBean)さん

Lotte (@ACNHBean)」さんはTwitterで、ケーブルニットのラグフリンジのマイデザイン、IDを公開されています。編み目がとてもかわいいですね。

▼ノルディックなラグ‐ひいろ (@Hiiro_irodori_)さん

ひいろ (@Hiiro_irodori_)」さんはTwitterで、ノルディック柄のラグのマイデザインとIDを公開されています。他にも、白色桜色のレンガのマイデザインもアップされていらっしゃいます。

▼キリム‐れいこロマネ島 (@baccy1229)さん

最後にご紹介するのは、「れいこロマネ島 (@baccy1229)」さんがTwitterで公開されている、キリムのマイデザイン、IDです。キリムは、トルコのアナトリア地方の絨毯のことだそうですが、とてもきれいな柄ですね!

他にも、地面のマイデザインや、作り方の解説、前作のとび森やハピ森で作られたマイデザイン、QRコードをご自身のブログでまとめてらっしゃいますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

マイデザインのIDからの読み込み方法

今作「あつまれ どうぶつの森」のマイデザインで作成したものを、IDを使って他の人と共有するには、ゲームを進めてシリーズではおなじみの仕立て屋エイブルシスターズの姉妹がやってきてから、解禁になるようです。

自分は発売12日目の時点で、やっとエイブルシスターズが島にお店を出してくれるところまで進みました。

詳しくは以下で解説していますので、やり方がわからないという方はチェックしてみてください。

マイデザ記事一覧

鬼滅の刃シリーズ

まとめ

今回はあつまれどうぶつの森の「ラグ(シート・敷物)」のマイデザインを紹介させてもらいました。

自分がマイデザインをまったく作れない人間なので、職人さんの方々の完成度にとても驚きますし、公開されている数も日本だけでなく、海外の方も含めとても多いので、見ているだけでも楽しいです。

気になったデザインのものは作者様に感謝しながら、使用してみてはいかがでしょうか?

また気になるデザインなどあれば、まとめてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました