ソラークマエはどこで買える?味、口コミは?カンボジアの地雷原で元自衛官高山良二さんが生んだ芋焼酎(アンビリーバボー)

スポンサーリンク

6/13放送のアンビリーバボーで放送された、「ソラークマエ」はどこで販売しているのかな?と気になったので調べました。
現在は、店舗と通販で購入が可能なようです。

関連記事:肩こり腰痛が1000円で治る!?最新医療ハイドロリリース注射は効果あるの?口コミをチェック(名医とつながる!たけしの家庭の医学)

ソラークマエとは、カンボジアの地雷が撤去された畑に植えられたキャッサバ芋(タピオカの原料でもあります)でできた芋焼酎です。
後述しますがソラークマエを購入することで、カンボジア地雷撤去の国際貢献ができます

キャッサバ芋焼酎、ソラークマエとは

ソラークマエは、カンボジア・バッタンバン州カムリエン郡タサエン地区オ・アンロック村で生産されるキャッサバ芋を原料とした焼酎です。

キャッサバ。食べる部分は白い。皮の色が濃いとろろ芋みたい。

このキャッサバ芋を収穫する土地は、ベトナム戦争の時にたくさんの地雷が埋められた場所で、今も多くの地雷が残っているとされています。
日本の自衛隊はPKOの一環でこの地雷除去作業のために派遣されました。
アンビリーバボーに出演された高山良二さんもそのひとりです。

高山良二さんは自衛隊退役後現地に赴き、今も地雷撤去に尽力されています。

アンロック村の村民が地雷撤去後に自立していくには、お金が流れていく仕組みを作らなければなりませんが、この村ではキャッサバ芋やマンゴーなどの栽培を行う農業が中心でした。
さらに付加価値があり高値で売れるものを作る仕組みをつくろうと、高山良二さんはキャッサバ芋を原料とした焼酎を作るアイディアを実行にうつすことになりました。
ソラークマエはそのアイディアから生み出された商品です。

製造元:クマエ蒸留タサエン蒸留所
原材料:キャッサバ、米麹 ( 黒麹 )、赤米
アルコール:37%
内容量:700ml
価格:2700 円[税込]
販売元:株式会社今治デパート
販売場所:四村(よむら)ショッパーズ ( 電話注文、ネット注文可 )

 

[米焼酎 白]

原材料:米、米麹、酵母、水(カンボジア産)
アルコール度:40度
内容量:700ml
価格:3200円[税込]

[アグリコールラム]

原材料:さとうきび、酵母(カンボジア産)
アルコール度:40度
内容量:700ml
価格:3000円[税込]

[ジャックフルーツラム]

原材料:さとうきび、ジャックフルーツ、酵母(カンボジア産)
アルコール度:30度
内容量:700ml
価格:3500円[税込]

ソラークマエを店舗で購入できる場所は?

googleストリートビューより

四村ショッパーズ(よむらしょっぱーず)で購入可能です

[住所]愛媛県今治市四村 286-1
[営業時間]8:00~21:00
[TEL]0898-22-7877
[E-mail]sm-yomura@imadepa.com
[WEB]http://imadepa.net/sorakhmer/

カンボジアのお土産屋さんでは、このような少量セットもあるようです!

ソラークマエを通販(オンラインショップ)で購入する方法は?

ソラークマエはネットショップでも購入可能です!

ソラークマエ販売ページ
平和な大地に乾杯を。 写真提供:認定NPO法人 国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) ソラークマエは、カンボジアのバッタンバン州カムリエン郡タサエン郷にあるオ・アンロック村で誕生しました。ここは、いまも地雷除去作業が続けられている地域です。 そんな地で、IMCCD理事長の高山氏は、地雷処理のかたわら村が自立発展...

ショッピングカート方式ではなく、フォームから注文すると注文の詳細がお店から返信されます^^

支払い方法は、代引きか、銀行振込。
クレジットカードでの取り扱いはされていないようです。
商品代に加え、発送料がかかります。

〇ソラークマエに関するお問い合わせ先
株式会社今治デパート 四村ショッパーズ
TEL 0898-22-2788 FAX 0898-31-9498
E-mail sm-yomura.sorakuma@imadepa.com

ソラークマエの味・口コミ・飲み方をチェック

ソラークマエを買うことで、簡単にカンボジアの地雷撤去を支援することができます!

ソラークマエの売り上げは、高山さんが理事長および現地代表を務めるNPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)に届けられ村の収入源ともなるそうです。

収入によってさらに地雷原の撤去を多く手がけられ、村が安全になります。安全になった箇所にさらにキャッサバ畑が広がり、ますます村が、カンボジアが、豊かになるということです!

日本にいながらにして、国際社会貢献ができる素敵なサイクルを生み出してくださった高山良二さんに感動しました。

まだカンボジアには、たくさんの地雷が埋まっており、現地の人は日々危険にさらされています。
100%地雷が撤去できなければ、いつ自分が怪我をしたり命を落とすかわからない状態なのですね。
高山良二さんは今年72才となりましたが、諦めることなく100%の撤去に向けて尽力されています。

一人でも多くの方に知っていただきたいなと思いました。

TOP of 認定NPO法人 国際地雷処理・地域復興支援の会

★NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会では、
寄付も受付ています。NPO法人なので寄付すると寄付金控除の対象になります!
http://www.imccd.org/support.html

 

↓IMCCDが制作。現地タサエンからの生の声を短い動画にまとめて下さっています。ぜひ見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました