ジェラテリア・イル・ブリガンテはどこ?生ピスタチオジェラートは?【ワールドビジネスサテライト(WBS)】

スポンサーリンク

1月10日放送のワールドビジネスサテライト(WBS)のコーナーで、
生ピスタチオジェラートが紹介されました。

とても美味しいそうなピスタチオスイーツでしたので、
食べられるお店、ジェラテリア・イル・ブリガンテの場所や、
お店の情報を調べてみました!

スイーツなので、カロリーも気になる所ですのであわせて、
ピスタチオの栄養素なんかも調べてみます。


スポンサーリンク

そもそもピスタチオってどんなもの?

コンビニなんかでもよく売っている、殻を割りながら食べるおいしいナッツです。
原産は地中海沿岸で、ヨーロッパ、アメリカと広がり今では世界中で食べられています。
そのため産地や加工の仕方で、ナッツの甘みや大きさ、
噛みごたえにもいろいろ差が出ているようです。

ピスタチオのカロリーや栄養は?

アーモンドやカシューナッツなど、ナッツにもたくさん種類がありますが、
その中でもピスタチオは栄養価が高く、「ナッツの女王」と呼ばれています。

カロリーは100gあたり614.9kcalだそうです。
200粒くらい食べる計算ですね。

栄養素として、特に多く含まれているのが「カリウム」です。
利尿作用があるため、体の余分な水分や老廃物を排出してくれるので、
むくみの解消や、高血圧の予防効果が期待できます。

他にも、ニキビ対策や肌の乾燥を防いでくれるβ-カロテン

疲労回復に効果があるビタミンB群

生活習慣病や老化と関連する疾患の予防が期待できるビタミンE

便秘予防などの整腸効果がある食物繊維

貧血対策になる鉄分など

体に良い栄養素が豊富に含まれているそうで、
まさに「ナッツの女王」にふさわしいですね!

とはいえ、なにごともそうだと思いますが、摂りすぎには注意が必要なようです。
そのまま食べる場合「片手にのるくらいの量」が目安だそうです。
粒で数えるなら40粒ぐらいでしょうか。

ピスタチオスイーツって何?

おなかが空いた時や、おつまみが欲しい時などに、そのまま食べても美味しいピスタチオですが、
最近ではスイーツにもピスタチオが使われていることも多くなっているようです。

どんな種類があるかざっと調べてみても、ケーキや、マカロン、サブレ、アイスクリーム、
ジェラートなどいろんなピスタチオスイーツがあるようです。

ケーキマカロン

スポンサーリンク

紹介されたジェラテリア・イル・ブリガンテはどこ?

〒248-0006 神奈川県鎌倉市9小町2-9-6
鎌倉駅から徒歩2分ほど

イケメンのイタリア人店主が「昔ながらの手作りジェラート」をコンセプトに、
イタリア本国でも見つけるのが難しくなってしまった、
本物の味にこだわって作ってらっしゃるそうです。

営業時間
平日 11:30~17:00
土日祝 11:30~18:00
だそうですが、売り切れ次第終了とのことなのでお気をつけください。

休業日は不定休とのことですが、お店のTwitterでお知らせがあるそうなので、
お出かけになる前はチェックしてみてください。

人気のピスタチオスイーツは?

 

ジェラート

番組ではモスカート パッシートと呼ばれる、ワインのジェラートと合わせたものが紹介され、
常連客からもローストしていない生のピスタチオが、他では食べられない味と好評のようでした。
めちゃくちゃ食べてみたいですね!

ただ懸念されていたのが、材料として使われている高級食材のイラン産ピスタチオ
グレードが高いものは、甘みがありおいしいそうですが、
ここ最近のイランの情勢不安などで、価格は5年前と比べて4割もあがってしまったそうです。

今後も情勢悪化が続けば、価格の高騰や、流通量が減ることも予想され、
手に入らなくなったらこのメニューも、しばらく作らないという選択をするしかなくなると、
店主の奥様も不安がっておいででした。
そうならないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク
WBS
スポンサーリンク
ricをフォローする
こまるのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました