安斉かれんが主役のドラマ「M 愛すべき人がいて」あらすじネタバレやキャストは?

2020年の4月からテレビ朝日とAbemaTVで小松成美さん原作M 愛すべき人がいて」がドラマ化、放送されることが決定しました。

主役の浜崎あゆみ(アユ)役は安斉かれんさん松浦勝人(マサ)役は三浦翔平さんが決まり話題になっています。

今回はそんな「M 愛すべき人がいて」のあらすじネタバレやキャストについてまとめてみます。

▼安斉かれんのwiki風プロフィールや歌声の情報はこちら

安斉かれんのwiki風プロフィールと、気になる歌声やネットの反応は?
安斉かれんさんが4月からの新ドラマで、浜崎あゆみさん役に決定したニュースを見たので、wiki風プロフィールや気になる歌声、MV、ネットの反応をまとめてみました。

キャスト

  • アユ 安斉かれん
  • マサ 三浦翔平
  • メイ 未発表
  • 母親 未発表
  • 祖母 未発表
  • マネージャー 未発表

 

  • 原作 小松成美
  • 脚本 鈴木おさむ

浜崎あゆみさんがモデルのアユ役は安斉かれんさん。演技のお仕事は初めてで浜崎あゆみ役というプレッシャーはすごそうですね。メディアではコメントも出されています。

初めてのお芝居でとても緊張していますが、自分なりにこの作品がどうやったらより良くなるかをたくさん考えてのぞみたいと思っています。少しでも多くの方に楽しんでもらえる作品になれば嬉しいです。

出典:音楽ナタリー https://natalie.mu/music/news/369195

松浦勝人さんがモデルのマサ役は三浦翔平さん。
ドラマ「ダメな私に恋してください」や、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「ひるなかの流星」などで有名ですよね。奥様は女優の桐谷美玲さんで、最近第一子を出産され美男美女夫婦で話題にもなりました。

良くも悪くも、物凄く注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています…。
浜崎あゆみさん、松浦さん、お二人に携わる全ての方達、そして何よりあゆのファンの方々に納得してもらえるようマサ役を全力でまっとうしたいと思います。
鈴木おさむさん脚本の色も楽しんでいただき、温かく見守って頂けると幸いです。

出典:音楽ナタリー https://natalie.mu/music/news/369195

原作ではアユの親友のメイや、一緒に暮らしていた母親、祖母らも登場しますが、まだキャストは発表されていませんので、判明次第追記していく予定です。

原作は作家の小松成美さん。かつてはトップアスリートとして活躍していたイチロー選手や、中田英寿選手、音楽関連ではX JAPANのYOSHIKIさんや、GReeeeNなどの長期に渡る取材やそれを基にした小説が人気の作家さんです。

脚本は長く放送作家として活躍され、2018年に吉田羊さんが主演を務められた「ラブ×ドック」で監督デビューもされた鈴木おさむさん。奥様の森三中、大島美幸さんとの交際0日婚や仲睦まじい姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか。

コメディー系に強いのかなという印象がありますが、恋愛要素が強そうな本作はどんな出来となるのか楽しみですね。

「M 愛すべき人がいて」のあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みますので、閲覧される際はご注意ください
一言でまとめるならば浜崎あゆみさんの恋と、それが1999年に終わるまでを描いた物語です。
アユ(浜崎あゆみ)は中学の頃から、地元福岡でモデルとしてスカウトされ活動していましたが、本格的に芸能活動を始めるために祖母と2人で上京。
高校に通いながら芸能事務所に所属し活動を続けるも、入ってくる仕事はエキストラのような仕事ばかり。そんな時に当時年齢を偽って通っていた大好きなディスコ、ヴェルファーレで「A VICTORY(avex)」の専務マサ(現エイベックス株式会社代表取締役会長CEO、松浦勝人)と出会います。
当時新人アーティストを探していたマサは、アユに光ものを感じ彼女をプロデュースすることを決めます。
まずアユをニューヨークに留学させ、歌とダンスの厳しいレッスンなど課題をどんどん与えていきます。
アユは自分の才能を見出してくれたマサに答えようと、学校や事務所を辞め、一生懸命に課題をこなしていきます。
留学を終えて帰ってきたアユに、マサは曲作りを命じます。
アユは歌詞を書いたことなどありませんでしたが、マサをがっかりさせたくない一心で、自分なりに書きました。
それは以前から自覚していたマサへの恋であり、ラブレターでした。
デビューシングルの「poker face」を始め、恋愛の歌詞が多い浜崎あゆみさんですが、初期のそれらは自分をプロデュースしてくれた松浦勝人さんに対する思いだったのですね。
徐々にマサへの思いが大きくなっていき、耐えられなくなったアユはFAXでマサに告白します。
断られると思っていましたが、なんとマサも同じ気持ちだったと答えてくれ、そのままアユの実家に行きつきあっていることを告げ同棲が始まります。
このまま順風に行くかと思いきや、歌手とプロデューサーの交際はスキャンダルの格好の餌食な為、デートすらままなりません。
2人がつきあっていることを知っている関係者も当然分かれるように勧めます。
そうこうしているうちにアユはどんどん売れていき、スケジュールも多忙を極めていきます。
アユはマサと一緒にいたいと思いますが、当然そんな時間はなくなっていました。
マサもアユをスターダムに押し上げることが大事だと、アユの気持ちに気づくことができません。
結果2人はどんどんすれ違っていき・・・という内容になっています。
この後、楽曲「M」が松浦勝人さんのイニシャルからとられていること、アユが2日間失踪した件や、Mステで「 appears」をにまともに歌うことが出来なかった時の心理状況も書かれているそうなので、気になる方はぜひドラマもチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はドラマ版「M 愛すべき人がいて」の主役に決定した安斉かれんさん、三浦翔平さんを始めキャストの方々や、あらすじネタバレについて調べてみました。

浜崎あゆみさんのデビューされてからの歌詞はそういう意味だったんだなと、今見ると違う角度で見えますよね。

最後に小説の最後にご本人がコメントされている内容を紹介させていただいて、終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思える大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と

created by Rinker
¥1,540(2020/05/30 11:53:53時点 Amazon調べ-詳細)
【おすすめコンテンツ】
歌手
こまるのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました