スイッチライトの違いを細かく調べてみた【Nintendo Switch Lite】

スポンサーリンク

9月20日発売の「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)」、Switchは持ってるけど持ち運びのしやすい、2台目に欲しいと思ったのでSwitchとの違いを調べてみました!

どちらを買うか迷っている方も参考にしてみてください!

関連記事
ニンテンドースイッチライトはソフトの共有はできるの?
スイッチライトの予約開始はいつ?(ザシアンザマゼンタ予約開始!)
ツムツムスイッチ本体が予約できるネットショップは?【限定Switchディズニー ツムツム フェスティバルセット】

ニンテンドースイッチライトの変わったところ

本体サイズ ちょっと小さく

Liteは縦寸で1センチ、横寸で3センチ小さくなっています。

厚さは同じですね。もともとポケットに入るようなサイズではないので、携帯性はそこまで変わらない気がしますね。

<Switch>

102mm×横239mmx厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時※)
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm

<Lite>
91.1mm×横208mmx厚さ13.9mm
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm

質量 結構軽い?

ジョイコンが付いているSwitchと比較すると、約120g程Liteは軽くなっています。

数字だけ見ると僅か120gではありますが、比率で考えるとSwitchの約2/3の重さ!!

常に手持ちでゲームするLiteなので大きな変化だと思います

<Switch>

約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)

<Lite>
275g

画面 ちょっと小さく

解像度は変わらず液晶インチ数がLite(5.5インチ)では小さくなっています。

画面は小さくなりますが、ドットピッチがその分上がりますので、若干ではありますが映像が綺麗に見えるかもしれません。

ちなみにPSVitaが5インチなので、Liteは携帯ゲーム機としては大きい画面サイズです。

ただ、最新のスマホは縦横比は違うものの6インチクラスの画面サイズになっているので、Liteの画面を大画面には感じないかもしれません。

<Switch>

静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル

<Lite>
静電容量方式タッチスクリーン/5.5インチ液晶/1280×720ピクセル

遊べるソフト 遊べないソフトも

数は少ないですが、Liteでは遊べないゲームもあります。

(1-2-Switch(ワンツースイッチ)のようなTV出力が前提のゲームはプレイできません)

<Switch>

Switchの全てのソフト

<Lite>
携帯モードに対応したソフト(ソフトに携帯モードで遊べる表記があるもの)

スポンサーリンク

映像出力 TVに出力できません

Liteには残念ながら映像出力機能がありません

マインクラフトや、マリオメーカーなどの細かい操作が必要なゲームの時は、ちょっとプレイしにくいかもしれませんね。(ウチでは普段テレビ出力してやっているのでそう感じるだけかもなんですが…)

<Switch>

最大 1920×1080ピクセル60fps
※TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
テーブルモード・携帯モードでは画面解像度に従い最大1280×720ピクセル。

<Lite>
無し

音声出力 TVからの出力できません

映像出力に付随した物なので、同様にLiteには搭載されていません。

<Switch>
リニアPCM 5.1ch対応
TVモード時にHDMIケーブル経由で出力

<Lite>

無し

センサー 一部機能が無くなっています

Liteでは明るさセンサーが無くなりました。明るさセンサーは外の明るさによって自動で画面の明るさを調整する機能ですが、勝手に明るさが変わる違和感もSwitchではあったので、無くても問題はなさそうですね。

また、ジョイコンにはHD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサーが搭載されていましたが、Liteには搭載されていません。一般的なゲームでは使用しない機能ばかりですが、一部ゲーム(マリオテニスエースなど)では機能に一部制限がかかるようです。

<Switch>

加速度センサー/ジャイロセンサー/明るさセンサー

※Joy-Conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)

<Lite>
加速度センサー/ジャイロセンサー

内蔵バッテリー 電池容量が減っていますが

Liteでは若干容量が少なくなっています。ただ次項の持続時間はLiteの方が長く遊べるようです。逆に充電時間は少しだけLiteの方が短いかもしれません。

<Switch>

リチウムイオンバッテリー/電池容量 4310mAh

<Lite>

リチウムイオンバッテリー/電池容量 3570mAh

スポンサーリンク

バッテリー持続時間 長く遊べます

Liteの方が30分ほどではありますが、駆動時間が長くなっています。携帯機なので嬉しい変更ですね

ただ、DSの持続時間はLiteの倍近くありますので、DS感覚で遊んでいるとすぐにバッテリーがなくなってしまうかもしれません。遠出する時は携帯バッテリーや、充電器が必須ですね。

<Switch>

2.5~6.5時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変化。

例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間。
ゼルダ3時間…おばちゃんにはちょっとキツイ。

<Lite>

3.0~7.0時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変化。
例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約4時間。
ゼルダ4時間…おばちゃんには無理。

ニンテンドースイッチライトの変わってないところ

CPU/GPU

処理性能や、描画性能に変更はなさそうですね。

<Switch>

NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー

<Lite>
NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー

本体保存メモリー

容量は同じです。

※32GBはダウンロードソフトだと1~2本程度しか保存できません。microSDカードは必須かと思います!

<Switch>

32GB
※データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量。

<Lite>
32GB
※データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量。

通信機能

基本的には同じです。LiteにのみNFCが有るように思えますが、実際にはSwitchのジョイコンにNFCが搭載されています。

※NFCはアミーボなどで使われています。

<Switch>

無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1
(TVモード時のみ、市販の有線LANアダプターを使用して有線LAN接続も可能)

<Lite>
無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1/NFC(近距離無線通信)

スポンサーリンク

スピーカー

どちらも同じだと思われます。音が良い!というスピーカーではありませんので、ヘッドホンでのプレイが良いかと思います。

<Switch>

ステレオ

<Lite>

ステレオ

ボタン

以下の表記に違いがあるように見えますが、ジョイコンに搭載されているボタン機能がLiteでは全て本体に搭載されています。特に変更はありません。

<Switch>

電源ボタン/音量ボタン

<Lite>
Lスティック/Lスティックボタン
Rスティック/Rスティックボタン
A/B/X/Y/L/R/ZL/ZRボタン
+ ボタン/ – ボタン
十字ボタン
電源ボタン/音量ボタン
HOMEボタン/キャプチャーボタン

USB端子 (Type-C)

こちらも同じType-C端子になっています。Lite本体の底面に端子があります。

<Switch>

USB Type-C端子
本体の充電やNintendo Switchドックとの接続に使用

<Lite>
USB Type-C端子
本体の充電に使用

ヘッドホン/マイク端子

特に変更はありません。Lite本体の上面に端子があります。

<Switch>

ステレオ出力

<Lite>
ステレオ出力

スポンサーリンク

ゲームカードスロット

特に変更ありません。Lite本体の上面にスロットがあります。

<Switch>

Nintendo Switchソフトのゲームカード専用

<Lite>
Nintendo Switchソフトのゲームカード専用

microSDカードスロット

特に変更ありません。Lite本体の底面にスロットがあります。

<Switch>

microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応

<Lite>
microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応

動作環境

特に変更ありません。

<Switch>

温度:5~35℃/湿度:20~80%

<Lite>
温度:5~35℃/湿度:20~80%

充電時間

特に変更ありませんが、バッテリー容量が違うので若干Liteの方が充電時間は短そうです。

<Switch>

約3時間

<Lite>

約3時間

まとめ

・大きさはそこまで変化は無いけど、重さがLiteの方がかなり軽いので持ち運ぶのにはピッタリ!

・センサー関係の機能がLiteは少なくなっているけど、現状はセンサー無くても遊べるゲームがほとんどなので、気にならない!

・TV出力がLiteではできないので、大画面でも遊びたい人には不向きかも

こんな感じでした!

持ち運び先でSwithで遊ぶときもジョイコンを外すことはそうないし、軽くなったニンテンドーライト購入は私的にはアリです^^

新たにスイッチの購入を検討している方は、テレビにつなぐ気が全くなければライトの方がいいかもしれません♪

 

関連記事
ニンテンドースイッチライトはソフトの共有はできるの?

スイッチライトの予約開始はいつ?(ザシアンザマゼンタ予約開始!)

ツムツムスイッチ本体が予約できるネットショップは?【限定Switchディズニー ツムツム フェスティバルセット】

コメント

タイトルとURLをコピーしました