冷めても美味しいおにぎりの作り方(握り方)【名医のTHE太鼓判】

スポンサーリンク

7/1(土)放送名医のTHE太鼓判で放送された「冷めたおにぎりが美味しくなる」方法です!

お握り専門店「蒲田屋」のご主人が教えてくれました!

お握り専門店「蒲田屋」

〒114-0034 東京都北区上十条3丁目29−15

冷めても美味しいと大評判で、おにぎりが1日に3000個も売れるそうです!

①余分な水分を飛ばすこと

炊きあがったばかりのご飯をバットに移し、お米をきるようにほぐしていきます。

あつあつのご飯は水分をたくさん含んでいるため、余計な水分を飛ばすことが大事!!

 

お弁当箱にご飯を入れるときも、冷まさず蓋をしてしまうと結露してべちょべちょになりますよね。

おにぎりもそれと同じことなんですね。

 

②ふんわりと握る

ポイントは握らない!!

てのひらにご飯を載せて、指の腹でふんわりと形を整えるだけ!

握るとお米がつぶれてしまい、冷めた時に餅のように固くなり

食感も美味しくなくなるんだそうです!

こんなふうにお米の堆積が減っているのが分かります!

目からうろこです!!!

ご飯は時間が経つとつぶれて固くなってしまいます><

ご飯をふんわり隙間を作っておくことで冷めても堅くならずに食べられる

お弁当箱も、それを加味して敷き詰めずにご飯をいれるようにしましょう!

 

おにぎりを作る時は、余計な水分を飛ばしたご飯で、お米がつぶれないよう整える、が正解!

勉強になりました~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました