てっぱつアジフライの口コミ評判は?気になる大きさや値段、お店も調査!【相葉マナブ】

てっぱつアジフライ

2020年2月16日に放送される相葉マナブ「道の駅ごはん~南房総編~」で、南房総市の道の駅ちくら・潮風王国の「てっぱつアジフライ」が紹介されます。

あまり聞き慣れない言葉ですが、てっぱつとは千葉県南部の方言、房州弁で大きいという意味だそうです。

このてっぱつアジフライがとても美味しそうだったので、気になる口コミや評判、実際の大きさや食べられるお店の場所、値段を調べてみました。


相葉マナブで紹介された、てっぱつアジフライの口コミや評判は?

ツイッターで調べてみると、お店に行かれた方のツイートを見かけたので、いくつかご紹介します。

食べに行かれたみなさんの感想で共通しているのがまず、大きい!ですね。それからサクサク、ふわふわ、肉厚で美味しかったという声が多いです。

見てるだけでたまりませんねー!めちゃくちゃ行ってみたいです。

てっぱつアジフライはどれくらい大きい?

食べた方が口をそろえて言う大きさ、実際どれくらいなのか気になりますよね。これも食べに行かれた方の情報を見てみましょう。

普通サイズの4倍(!)と表現されている方もいらっしゃいます。そんなアジが房総半島では釣れるんでしょうか。肉厚具合も非常に気になりますね。

ICカードと比べてみた方もいらっしゃいますね。サイズ感はつかみにくいかもしれませんが、こういうことをやりたくなるぐらい大きいんだろうなというのが伝わってきます。

てっぱつアジフライが食べられるお店の場所と値段は?

上に挙げたツイートでも書かれていましたがお店の場所は、道の駅ちくら・潮風王国にある「市場食堂 せん政水産 」さんですね。

店名 市場食堂 せん政水産

住所 千葉県南房総市千倉町千田1051 道の駅 潮風王国内

お問い合わせ 0470-43-1255

ホームページにも書いてありますが、てっぱつのアジフライ定食は850円で食べられるようです。他にもさばの味噌煮や、サバフライとセットで1,500円というものも見られますね。

アジフライ以外にも、「くじらの竜田揚げ定食」が1,350円、「鶏の唐揚げ定食」750円、カキフライ定食、くじらのカツカレーも店内で食べられるようです。

テイクアウトもあるようで、くじらのカレーパン、コロッケや串カツが確認できます。長いくじらのカレーパン気になりますよねー。どんな味がするんでしょうか?

ちなみにお店の情報も載っている、道の駅ちくら・潮風王国のホームページはこちらです。

広々とした芝生の屋外公園や、1~3月にかけて春の花が見頃の千田の花畑や、番組でも紹介されたアワビやサザエで有名な漁協直営のお店や、お土産屋さん、鮮魚が食べられるレストランに、ここでしか味わえない「サザエコロッケ」のお店が軒を並べています。

車、電車以外の交通手段としては、東京、千葉駅から高速バスも出ているようです。電車や高速バスだと東京からは3時間ほどで行けるようですね。

まとめ

今回は番組で紹介されるてっぱつアジフライのお店「市場食堂 せん政水産」さんを調べてみました。

大きくてサクサクふわふわで肉厚と、実際に食べに行かれた方からも好評でしたし、調べてみてより一層食べたくなりました。

関東方面に住んでらっしゃる方は、千田の花畑が3月まで見頃なようですし、ぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

TV 相葉マナブ
こまるのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました