田向健一(珍獣ドクター)の年収経歴や妻(嫁)と、動物病院はどこ?【プロフェッショナル仕事の流儀】

 

2020年1月21日NHK放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」は獣医師田向健一(たむかいけんいち)さんが登場します。
エキゾチックペットと呼ばれる、爬虫類や両生類、小動物などを診察しており、その種類は100種類を超える、珍獣ドクターとして有名なエキゾチックペット獣医師さんです。
そんな田向先生のプロフィールや年収経歴、妻(嫁)家族の情報や、診察されている動物の情報、診察を受けられる病院はどこなのか?そして、多数の著書などをまとめてみました!


田向健一:獣医師のwiki風プロフィール!経歴、学歴や年収は?

田向健一

• 名前:田向健一
• よみ:たむかいけんいち
• 生年月日:1973年 月日は不明
• 年齢:46歳(2020年1月時点)
• 出身:愛知県大府市
• 職業:田園調布動物病院 院長
• 所属学会
• 日本獣医学会
• 日本獣医師会
• 東京都獣医師会大田支部(副支部長)
• 日本野生動物医学会(評議員)
• 日本獣医麻酔外科学会
• エキゾチックペット研究会(理事)
(参考:田園調布動物病院HPなど)

田向健一:獣医師の経歴や学歴は?

出生から幼少期

愛知県知多半島に生まれました。
初めて飼った動物はハムスター。
そして、捕まえてきた金魚やカブトムシなどをを飼ったことから、動物が大好きな子供になったそうです。
ちなみにお父さんは大工さんで、虫かごや動物の部屋を作ってくれたのだとか。

中学生の頃から育てていたイグアナは10年程度の寿命といわれるなか、23年年間生き、最後は田向先生自身の病院で看取ったそうです。

高校時代

出身高校は明かされていませんが、当時創立7年の高校で、獣医師を目指してきた人は1人もおらず受験指導なども満足に受けられず大変努力をされたようです。

現在、獣医学科のある大学は日本に17校しか無く、田向先生が受験された当時は16校しかありませんでした。偏差値は60以上、倍率は30倍以上とも言われています。

田向先生はそんな中「推薦枠」を狙い、受験勉強だけでなく学校の定期試験も猛勉強で乗り越え、見事、神奈川県にある「麻布大学獣医学部獣医学科」に合格します。

ちなみに、現在の麻布大学獣医学部の偏差値はなんと70超が付くほどの難関大学となっております。
夢に向けた努力や実現する力が本当に凄いですね!

大学時代

麻布大学時代には、探検部に所属しガラパゴス・アマゾンなどを探検した経験があるようです。その経験も、現在の診療に活かされていそうですよね!
獣医学部は6年制となっていますので、入学から6年後の1998年3月24歳の時に麻布大学獣医学部獣医学科を卒業、獣医師免許取得されています。

獣医師としての田向先生

卒業後25〜29歳までは都内、横浜の動物病院に勤務されていたようです。
29歳の時に田園調布動物病院を開院。
学生時代に住んでいた横浜や相模原が近いこと、そして東京への憧れもあって田園調布での開業を決めたそうです。
ここで数々のエキゾチックペットの診療を現在でもされております。

41歳の時には獣医学博士取得されました。

また、アジア初となる両生類の伝染病・ツボカビ症の発見や、カメの手術の新方式考案など注目を集めています。現在も精力的に論文を発表する傍ら、自身の病院での院長業務、診察の他に、
セミナーやテレビやラジオなどのメディアへの出演や、飼育本や専門書などの執筆
をするなど多岐に活動されているようです。8年前にも情熱大陸に出演されていましたね!

田向健一:獣医師の年収や結婚、嫁、家族、飼っているペットは?

公開されているわけではありませんが、開業獣医師の年収は1000万から2000万とも言われています。病院が流行っている、流行っていないなどの状況で大きく変わるようですが、田向先生の病院は間違いなく流行っている病院です。
ですので、著書の印税やメディア出演なども含めると、年収は2000万から3000万円になるのではないでしょうか?
命を預かる大事な仕事ですので、少ないくらいかも知れませんね!

ご家族は、奥様と息子さんが2人と公表されております。
なんでも奥様との馴れ初めは、亀の飼育をとうして知り合ったのだとか。
田向先生らしい、なんとも温かいストーリーですね。
息子さんは現在は10歳くらいだと思われます。田向先生譲りの動物好きなのでしょうか!?

田向先生の自宅や、ペットと上手に暮らす家とは?

先生の自宅の地下には10畳ほどのペットの為の部屋があるそうです。水をこぼしても平気だし、水替え用のシンクなども置けるのだとか。ペットと暮らすにはメンテナンスを楽にする事か非常に大事なようです。

また、同じように掃除のしやすさも重要で、飼い主が嫌にならないような環境作りがポイントとおっしゃっています。

動物を診察するだけではなく、実際に飼ってもいらっしゃる田向先生。
そんな先生の家のペットの一部がこちら。

捨て猫の兄弟ヤスケとエン
ペット
ねこ様かわいいですニャ💕

こちらはマツカサトカゲ

ペット
大人しくて飼いやすいトカゲだそうです。目の錯覚か!?デカイ!!

そしてメキシコフトアマガエル

ペット

目が宝石のようにキラキラしていて、かわいいカエルですね!
(写真出展・日刊住まい)

この他にも、犬やインコ、リクガメも飼ってらっしゃるそうです。

田向健一:獣医師の著書紹介

 

book

珍獣ドクターのドタバタ診察日記: 動物の命に「まった」なし! (ポプラ社ノンフィクション)

小学校56年生の読書感想文の課題図書にも選ばれた子供にも読みやすい田向先生の奮闘記。命を飼うのはどういう事か?という事を楽しく、時に悲しく学べる本になっているようです。
各種レビューサイトでも大変評判の良い本ですね。

 

珍獣の医学 (扶桑社文庫)

上述のドタバタ診察日記と同様に、先生が獣医師を目指したきっかけや、獣医師になってからのエピソードや、先生の考え方がまとめられているようです。ペット医療最前線と獣医師の本音がわかる!
※レビューを見る限りだと、子供には少し内容が難しいようです。

book

“珍獣ドクター”の動物よろず相談記

「カエルのアゴの骨が折れました! 」から「動物にも脳死はありますか?」まで日々先生の病院に舞い込んでくるユニークでマジメな相談事をQ&A形式に80問収録。
レビューを見ると、獣医さんを受診する前に是非読んで欲しい素敵な本!など、多数の高評価コメントが並んでいます。

その他にも、ウサギ、カメ、ハリネズミ、フェレットなどなど多数の飼育本を出版されております。

田向健一の診察されているエキゾチックペットは?病院はどこ?

ペンギン、カワウソ、ヤマネコ、ワラビー、ヤギ、ミニブタ、ウサギ、チンチラ、フェレット、モルモット、ネズミの仲間のデグー、コウモリ、ハリネズミ、モモンガ、日本猿にテナガザル、スローロリス、リスザル、ドジョウ、カメ、トカゲ、カエル、ヘビ、ウーパールーパー、ワニ。100種以上の動物が受診に訪れ、動物園や水族館、同業の獣医師からも診療依頼や、海外からの問い合わせもあるようです。
エキゾチックペットの治し方は学校で習う事はできないようなので、文献があれば必ず目を通したり診る努力は絶対に惜しまないとの事!

そんな先生なら安心して大事なペットを診ていただく事ができますよね。

診察されている病院はどこ?

田園調布動物病院

〒145-0071
東京都大田区田園調布2-1-3
電話 03-5483-7676
FAX  03-5483-7656

アクセス
東急東横線、東急目蒲線 田園調布駅下車、東口より徒歩14分

車でのアクセスや、診療時間、診療対象動物、現在の待ち人数状況など、
病院のHPに詳しく載っていますので、リンクも貼っておきますね。

病院ホームページ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~dec-ah/

田向健一プロフェッショナル仕事の流儀まとめ

animal animal

2020年1月21日に放送予定の「プロフェッショナル仕事の流儀」では、「一匹一匹、一歩一歩 〜獣医師・田向健一〜」と題して先生の物語が紹介されます。

獣医師や動物に興味がある方はもちろんですが、命を救う事に向き合う先生の生き方から、たくさんの事が学べそうですね!
とても楽しみです。

放送後に内容を追記予定です!

【おすすめコンテンツ】
プロフェッショナル
こまるのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました