字が整う3つのコツとは?萩原季実子先生が指導【この差って何ですか?】

スポンサーリンク

誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳の著者の萩原季美子先生が登場です!

東洋経済オンラインで紹介され、100万PVを達成!ビジネスマン、主婦から本当に役に立つ! と圧倒的支持!ベストセラー10万部突破!

この本で字が上手くならない人はいません!!!

(1)書き始めに「打ち込み」を入れてタメをつくる

「上」を書きながら練習しました。

書き始めに斜め45度の打ち込みをつくる!これだけですごく美しいです。

 

(2)「一、二、三」の書き方をマスターする

一の書き方、二の書き方、三の書き方があります。

それぞれの横線を違う向きをマスターするとキレイになります!

一の書き方は、打ち込みを入れた後、上がって下がる弓なりに沿ったゆるやかなカーブを描く!

二の書き方は、打ち込みを入れた後斜め上に直線に書く。
二画目は打ち込みを入れたら弓なりに反る。

三の書き方は、打ち込みを入れた後斜め上に直線に書く。
二画目は打ち込んだ後真横に真っすぐ。三画目は打ち込んだ後弓なりに反る。

 

横線の数をカウントして、【一、二、三】いずれかのパターンを応用します!

(3)四角形は逆台形!

四角形は逆台形に書くと美しい!

打ち込んだ後左右の縦線は、ぐっと内側にいれます。

申すという感じの場合、あえて中心の線は左右を開けると抜け感が出て上品になるそうです。

他の漢字にも応用することができるのですが、縦長の四角形は「逆台形」にしないことがポイントだそうです。

 

3つのポイントを押さえた、ビフォーアフターがスゴイ

ツッチーも上地雄介さんもめっちゃくちゃ上手になっています!

1枚目が不意をつかれたってこともあるとおもうけど(;’∀’)

凄く上手です!

石原さとみちゃんの進化がまた凄すぎでした!

もともと先生も褒める程上手だったけども打ち込みを意識したら

とんでもなく上手になりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました